« 観劇予約を控えて・・・ | トップページ | 沢尻かっ! »

2010年4月25日 (日)

アメリカ横断ウルトラクイズの都市伝説???

 一昨日、『つちのこ』の観劇予約をしました。

 6月5日(土)14時です。

 去年は4回の観劇全てが夜観劇(業界用語で言う「ソワレ」)だったので、昼観劇(同じく「マチネ」)は2年ぶりです。

 今回も宿泊は東横イン新宿歌舞伎町。お約束です。しかし、今回は4年ぶりに森脇さんと佐野さんの共演で、昼観劇のために夜はフリーなので、できることなら時間をとって二人と話す機会が欲しい。と思いますが、そろそろあちらの方も稽古が始まるみたいなので、それに合わせて手紙を書きます。

 近況はさておき、今日は久しぶりにテレビ番組ネタで・・・。

 昔、「アメリカ横断ウルトラクイズ」という番組をよく見ました。小・中学生の頃が中心だったので意味も知らずに見ていましたが、番組の売り物であった「知力・体力・時の運」の意味を今更ながらわかったような気がします。

 その番組が1992年に打ち切られ、原因は一般的にバブル崩壊だと言われていますが、諸説あると考えられます。

 その一つは、他局のクイズ王を争う番組の乱立。当時はTBSの「ギミアぶれいく」の中で「史上最強のクイズ王」があったり、フジテレビでもFNSの看板を掲げて同じような番組を始めたため、クイズマニアが急増し、それらはたいていウルトラクイズを踏み台にするケースが多いために、ウルトラクイズの価値が下がったからでは・・・という説。

 もう一つは、単純に福澤朗(当時日テレアナウンサー)の評判が悪かったから。ウルトラクイズの総合司会といえば福留功男でしたが、いつかは忘れたが福留の日テレ退社を受けて福澤にバトンタッチされた年に福澤がとった行動は、敗者復活一切なし。番組が番組だけに参加者の反感を買ったのでしょう。裏を返せばそれだけ福留のイメージの強い番組だった。ということですが・・・。

 しかし、その福澤が初代総合司会を務めた高校生クイズはどういうわけか未だに健在。今年は京大卒のインテリ芸人が司会を務めるとか・・・。

 これからも思いついたネタは書いていきたいと思います。ということで、行ってきます。

|

« 観劇予約を控えて・・・ | トップページ | 沢尻かっ! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。